近所づきあいを大切に|引越しの注意点|新しい場所で快適を手にいれる技

引越しの注意点|新しい場所で快適を手にいれる技

近所づきあいを大切に

ギフト

品物はなにがいい

引越しをしたら近所へ挨拶へ回るのが一般的です。しかし挨拶と言っても手ぶらで回るわけにはいかないので、何か挨拶品を持っていかなくてはいけないでしょう。挨拶品の定番と言えばタオル、お蕎麦、洗剤などがありますが、最近ではこれらも好みがあるとして、もらっても困ると考える家庭もあるようです。せっかくなので何か特別なものをと考える人もいますが、いずれにしてもあまりこだわらずに消耗品が良いでしょう。それを踏まえて、考えてみます。挨拶品の予算としては500円〜1000円程度なので図書カードやプリペイドカード、ティッシュペーパー、キッチンペーパー、地域のゴミ袋などは誰でも利用できるため貰って喜ばれることが多いようです。

どこまで周るのか

引越しの挨拶は自分の住まいから見て周る家を決めます。一軒家なら両隣と前後、アパートなら両隣と上下の部屋に回るのが基本です。そして、アパートなら管理人さんや大家さんがいるので、そちらにも周りましょう。家庭を持っているのなら地区会長さんなどにも周っておく必要があります。その他、地域によってはあのお家には周っておいた方がいいという暗黙の了解のようなルールもあります。挨拶に周った際にそういったことも確認しておくと後々のトラブルを回避することもできます。引越しの挨拶は、引越しの前日〜1週間以内には行いましょう。いつ訪問しても在宅していない場合は、挨拶の手紙などを添えてポストに投函しておけば問題ありません。